結婚指輪はペアリングで買うべき?夫婦で違うブランドやデザインが欲しいときの選び方4選

結婚指輪(マリッジリング)を選ぶときってとてもわくわくしますよね!

ジュエリーショップにはさまざまなブランド、デザインの結婚指輪(マリッジリング)が並んでいて、どれもこれも魅力的。

二人でじっくりと結婚指輪(マリッジリング)を選ぶのもまた楽しいところです。

 

しかしながら二人であれこれ結婚指輪(マリッジリング)を試していると、お互いの好みが違ってくることも。

そもそも結婚指輪(マリッジリング)はおそろいか、似たデザインのペアで置かれているのでなんとなく二人でペアの結婚指輪(マリッジリング)を買うべきかな、なんて思ってしまいますよね。

 

でも、お互いにしっかりとこだわりがあると、なかなか結婚指輪(マリッジリング)を決めるのが難しいはず。

たとえば、男性は太い結婚指輪(マリッジリング)がしたいけど、女性は細い結婚指輪(マリッジリング)がしたいなど、男女の結婚指輪(マリッジリング)の好みが違うのはよくあることです。

こんなとき、皆さんがどんな風に結婚指輪(マリッジリング)を選んでいるのか気になりませんか?

 

これから、お店で提示されたペアの結婚指輪(マリッジリング)を買うメリット、お互いの好みを優先するメリットなど、結婚指輪(マリッジリング)の選び方をご紹介します。

せっかくだからこそ、二人が納得する結婚指輪(マリッジリング)を選びましょう!

 

結婚指輪(マリッジリング)はお揃いで買うべき?

お店に行くと、たいてい結婚指輪(マリッジリング)は男女ペアで並んでいることが多いです。

しかしながら、ペアの結婚指輪(マリッジリング)をどうしても買わなければならないということはありません。

それぞれ気に入った結婚指輪(マリッジリング)を選んで買ってもよいのです。

 

一昔前までは結婚指輪(マリッジリング)のデザインも少なく選択肢があまりなかったため、ペアですぐ結婚指輪(マリッジリング)を決めるカップルも多くいました。

 

しかし今の結婚指輪(マリッジリング)はデザインもとっても豊富。

選択肢は無数にあるため、なかなか結婚指輪(マリッジリング)の好みを合わせるのも難しいのではないでしょうか?

ではそれぞれの好みの違うカップルの皆さんがどのように結婚指輪(マリッジリング)を決めているのか、いくつか例をご紹介します!

 

①二人で歩み寄ってお揃いで購入する

やっぱりお揃いの結婚指輪(マリッジリング)にしたい!と考える人も多いはず。

少しくらい好みと違っていても、一生ものの結婚指輪(マリッジリング)ですから、揃えたい気持ちもあることでしょう。

 

この場合は、お互いの好みに合わせていくつか結婚指輪(マリッジリング)を絞って歩みより、譲り合ってデザインを決めることが多くあります。

お互いの好みに寄り添うことで、自分では選ぶことのなかった結婚指輪(マリッジリング)を選べることになるため、これまで考えていなかった新鮮なデザインをチョイスできるなんてことも!

二人で選んだからこそ出会った結婚指輪(マリッジリング)になる、と考えるとなんだかとてもロマンチックですね。

 

ほかにも、譲り合う場合に、デザインは女性に合わせるよ、という優しい男性も多い様子。

結婚式のドレス選びなども、だいたいが女性に合わせて男性の衣装を選ぶようになっていますが、結婚指輪(マリッジリング)も女性が主役と考えてくれる男性が多いのです。

 

そんなときは、男性のやさしさに甘えてしまってもよいでしょう。

しかしながら、結婚指輪(マリッジリング)は決して安くはないですし、なんといっても二人で買うもの。

女性も、男性が本当にこの結婚指輪(マリッジリング)を良いと思っているか心配になってしまうので、男性側は「ここだけは譲れない」という部分はきちんといっておくとスマートです!

 

二人で結婚指輪(マリッジリング)を選ぶという気持ちを大切にしましょう。

 

②デザインは別でも結婚指輪(マリッジリング)のブランド・メーカーを揃える

たくさんのデザインを見ていれば、2人が違うデザインの結婚指輪(マリッジリング)を気に入っても無理はありません。

特にお互いに結婚指輪(マリッジリング)のデザインにこだわりがある場合はなおさらですよね。

 

とはいえ、せっかくの結婚指輪(マリッジリング)なのに全然違うものを選ぶのはちょっと…という方は、結婚指輪(マリッジリング)のブランド・メーカーは一緒にして、ブランド内でそれぞれが気に入った結婚指輪(マリッジリング)を選ぶ、という選択がおすすめ!

同ブランド(メーカー)であれば、結婚指輪(マリッジリング)のコンセプトやデザインの雰囲気でペア感が出るので問題ありません。

結婚指輪(マリッジリング)購入後の保証期間や修理料金なども揃うので、今後のアフターメンテナンスも揃って便利という意外なメリットもありますよ!

 

③ブランドやメーカー自体が全く異なる結婚指輪(マリッジリング)をそれぞれ作る

せっかくの一生ものだし高価なものだからこそ、思い切ってお互いに一番気に入った結婚指輪(マリッジリング)をつけよう、という考えももちろんありです!

 

それならば、結婚指輪(マリッジリング)のデザインやテイストが違っても、「お互いの気持ちを約束したという証」と考えてはいかがでしょうか。

見た目がまったく違っても、一緒に選んだという点に二人の結婚指輪(マリッジリング)としての価値がありますし、結婚指輪(マリッジリング)の内側には結婚記念日や二人のイニシャルを入れられるので、2人にとってはとても素敵な結婚指輪(マリッジリング)となるはず。

 

お互いに気に入ったデザインの結婚指輪(マリッジリング)は見つかったけれど、あまりにもペア感がないなあ…というカップルは素材(金属の色)を揃えてペア感を出すこともできますよ!

 

例))

  • men’s aのブランドでプラチナ→イエローゴールド
  • lady’s     bのブランドでプラチナ→イエローゴールド

 

のように、ブランド違いでも結婚指輪(マリッジリング)の素材を変更することによってお揃い感を出すのもおすすめです。

近くで見ると結婚指輪(マリッジリング)のデザインや雰囲気は確かに違うかもしれませんが、全身像で見ると意外とペアだとわかるものです。

 

ただしブランド違いの結婚指輪(マリッジリング)にする場合は、アフターケアに注意。

どちらかのお店が万が一なくなってしまった際、サイズ直しなどで困ることになるかも。

できるだけ同じお店、特に信用できるお店で選ぶようにするとよいですね。

 

特におすすめは大型セレクトショップで選ぶこと。

人気ブライダルブランドの結婚指輪(マリッジリング)を同じ空間内で選べるのでおすすめです。

種類も幅広く取り扱いも多いので、「気に入った結婚指輪(マリッジリング)が見つかるかなぁ」と心配な二人も、きっと気に入った結婚指輪(マリッジリング)が見つかるはずです!

 

異なるブランドの結婚指輪(マリッジリング)を両手で実際につけ比べるということもでき、より選びやすいといえますね。

アフターメンテナンス際も、ご夫婦同じタイミングでお持ち込みできるということもメリットです。

 

④お揃いの結婚指輪(マリッジリング)を素材(金属の色)だけ変えてみる

デザインはお揃いの結婚指輪(マリッジリング)でお互い気に入っていても、素材で好みが違った!なんてこともあります。

結婚指輪(マリッジリング)の素材もさまざまですから、ピンクゴールドやイエローゴールドなど、好みの色味もあることでしょう。

 

そんなときは遠慮せず、それぞれ好みの素材に変更してみましょう。

同じデザインの結婚指輪(マリッジリング)でも、素材を変えることで二人らしいこだわりの結婚指輪(マリッジリング)を作ることができます。

 

まとめ

結婚指輪(マリッジリング)は絶対にお揃いのものを購入しなければならない、ということはまずありません。

結婚指輪(マリッジリング)のデザインの選び方はカップルそれぞれで違ってよいのです。

 

「せっかくの結婚指輪(マリッジリング)だから譲り合ってでもお揃いのデザインにしたい」という価値観も、「せっかく一生つけるものだから、お互いが一番に気に入った結婚指輪(マリッジリング)にしよう」という価値観も、どちらもとても素敵な考え方です!

 

安心して二人らしい結婚指輪(マリッジリング)を選んでみてください。

幸せな結婚指輪(マリッジリング)選びができるように、私たちがサポートさせていただきます!