結婚指輪はいつから着け始めたらいいの?二人のベストなタイミングをご案内します!

結婚すると大切な人との新しい生活が始まります。いわゆる人生の節目です。

そんな変化の象徴が、2人の愛の証である結婚指輪(マリッジリング)!

身につけると独身の時とは違うと実感しますし、いつも相手とつながっているように感じてステキですよね。

 

ですが、そんな結婚指輪(マリッジリング)は、いったいいつから着けるのがいいのでしょうか。

 

できるなら今すぐにも結婚指輪(マリッジリング)を着けたいけれど、挙式前は変?

それとも結婚指輪(マリッジリング)は入籍したらすぐ着けてもいいの? 入籍前でもOK?

 

いざ考えてみると、結婚指輪(マリッジリング)を着けるタイミングって意外と分かりません。

結婚指輪(マリッジリング)をいざ購入するスケジュールも関係してきますから、なおさら気になってしまいますよね。

 

今回は、そんな結婚指輪(マリッジリング)を着け始めるタイミングについて、ご紹介します。

ぜひ新生活のスタートに役立ててくださいね!

 

 

結婚指輪(マリッジリング)を着けるタイミングはいつでも大丈夫!

まず結論からご案内しますと、結婚指輪(マリッジリング)を着けるタイミングは決まっていません!

お二人が結婚の意思を持っているなら、入籍前から結婚指輪(マリッジリング)を着けても、けっして間違いではないのです。

 

結婚指輪(マリッジリング)は愛の誓いを意味する特別な指輪ですから、大切なのはお二人の気持ち。

ですから着け始める日も相談して決めるカップル・ご夫婦が多いです。

 

実際には以下のようなタイミングが挙げられます。

 

  • 入籍日から結婚指輪(マリッジリング)を着ける
  • 挙式の結婚指輪(マリッジリング)の交換から着け始める
  • 2人の心が定まった日から結婚指輪(マリッジリング)を着ける

 

それでは、1つずつご案内していきましょう。

 

 

入籍日から結婚指輪(マリッジリング)を着ける。正式な夫婦になる節目の日をスペシャルデーにしよう!

入籍日は、戸籍に登録され法的に正式な夫婦になる日です。

まさにお二人の新しい生活の始まり。人生の節目でもあります。

 

そんな特別な日だからこそ、愛の証である結婚指輪(マリッジリング)を着け始めるおすすめのタイミングです!

SNSで投稿画像もよく見かけますが、生涯にたった1回の入籍日に、お二人そろって結婚指輪(マリッジリング)を着けて入籍届を出すのは、とてもステキな思い出ではありませんか?

 

 

特に男性は入籍しても名字が変わらない方が多く、結婚した実感が何となく薄いといいます。

そんな男性にこそ、入籍日から着け始める結婚指輪(マリッジリング)は、夫婦になった実感を与えてくれるキーアイテムになるんですよ。

 

ですが、「入籍から挙式まで時間があるのだけど、結婚指輪(マリッジリング)に傷が付かない?」そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

ご安心ください。

たしかに結婚指輪(マリッジリング)の素材であるプラチナやゴールドは柔らかい貴金属なので、普段使いしていると細かい傷が結婚指輪(マリッジリング)についてしまいます。

しかし、結婚指輪(マリッジリング)のブランドやメーカーによっては保証サービスに磨き直しが含まれていることもありますし、購入した宝飾店でメンテナンスを行ってくれます。

 

そのようなサービスを利用すれば、新品同然の結婚指輪(マリッジリング)で挙式を迎えることもできますよ!

購入するときに、磨き直しができるか、どのくらい期間が必要か、お店のスタッフに尋ねてみてくださいね。

 

 

結婚式で指輪交換するときから着ける。誓いの言葉ともに結婚指輪(マリッジリング)を着け始めよう!

結婚式で誓いの言葉ともに結婚指輪(マリッジリング)を交換するのは、クライマックスの瞬間で、新生活の始まりでもあります。

そのタイミングから結婚指輪(マリッジリング)を着け始めるのは、王道ですよね。

 

もともと結婚指輪(マリッジリング)の始まりは、古代ローマ時代における「約束を守る」という誓いと契約を形にしたものだったといわれています。

だからこそ神や親族・お客様の前で結婚の誓いを宣言し、その証として結婚指輪(マリッジリング)を交換しました。

 

ですから、挙式での交換から身に着け始めるのは、結婚指輪(マリッジリング)の本来の意味にあったタイミングだと言えます。

 

この場合は、挙式当日に結婚指輪(マリッジリング)が確実に用意できるように、事前の準備が大切です

結婚式の3,4カ月前は、挙式の準備や親族へのご挨拶・打ち合わせでお二人の休日は大忙しになります。

そんななか、結婚指輪(マリッジリング)を選んでいる余裕が意外とないものなのです。

できれば1年から半年ほど前から結婚指輪(マリッジリング)選びを始めることをおすすめします。

 

  • お二人が満足できる結婚指輪(マリッジリング)をゆっくり探せる。
  • 急遽結婚指輪(マリッジリング)のサイズ直しの必要ができたときも対応しやすい。

 

余裕があれば、こんなメリットもあるんです。

 

ブライダルショップによっては挙式まで結婚指輪(マリッジリング)を保管してくれるお店もありますから、確認してみてくださいね。

 

 

自由なタイミングで結婚指輪(マリッジリング)を着ける。お二人で決めるのが一番!

 

結婚指輪(マリッジリング)は、お二人の愛の誓いの証であり、夫婦となった約束の象徴です。

そんなお二人にとって特別な証を身に着けるときは、ほかの誰かによって決められるものではありません。

やっぱり、お二人の気持ちが定まったときがベストタイミングです!

 

 

実際、結婚が正式に決まったらすぐにでも結婚指輪(マリッジリング)を着けたいと思う新郎新婦は多いもの。

そもそも結婚はお祝い事なのですから、結婚指輪(マリッジリング)を早めに着けても何の問題もありません。

結婚指輪(マリッジリング)を見ればお二人の仲の良さにご両親ご親族も安心しますし、友人知人に結婚の事実をナチュラルにお披露目できますよ!

 

特に入籍後であれば正式な夫婦です。

挙式前に冠婚葬祭の場に出席する必要ができたときには、結婚指輪(マリッジリング)を着けていけば自然と夫婦として扱われます。

 

夫婦として堂々と結婚指輪(マリッジリング)を着けてくださいね!

 

 

結婚指輪(マリッジリング)を着けるタイミングはお二人で相談して決めよう!

いかがでしたか?

このように結婚指輪(マリッジリング)を着けるタイミングは特に決まっていません。

入籍の日でも、結婚式でも、その他の日でも、結婚指輪(マリッジリング)を着けるタイミングはお二人のお心次第なのです!

 

もともと結婚指輪(マリッジリング)はお祝いのお品物なのですから、誰にはばかることもありません。

結婚指輪(マリッジリング)を身に着けることで、夫婦となった実感とお二人の絆が強くなることがなによりも大切ですよね。

 

ふとした瞬間に左の薬指に輝く結婚指輪(マリッジリング)を見て、パートナーに思いを馳せる。そんな幸せな時をもたらすことが結婚指輪(マリッジリング)の意味なのですから。

 

お二人で相談して、結婚指輪(マリッジリング)を着ける最高のタイミングを選んでみましょう!